パールホワイトプロは全ての人に効果があるわけではありません!
歯の特徴によっては、あなたに効果がないかもしれません。

この記事ではパールホワイトを使っても効果がない人の特徴について解説してみました!

白くならない人の歯の特徴

パールホワイトを使っても白くならない人の歯の特徴を上げると以下の4点が上げられます。

  1. 歯の神経が死んでいる人
  2. 子供の頃にテトラサイクリン系の抗生物質を使用している人
  3. エナメル質が薄い人
  4. 人工歯の人

1つづつ解説していきますね!

1.歯の神経が死んでいる人

歯の神経が死んでいると、歯の内側から変色していきます。
パールホワイトプロは歯の表面の汚れを落としホワイトニングするので、内側から変色している歯には効果がありません。

2.子供の頃にテトラサイクリン系の抗生物質を使用している人

最近は使われることがなくなってきていますが、昔は風邪薬などにテトラサイクリン系の抗生物質が使われていたみたいです。
この物質を成長期に使用すると、歯そのものが変色することもあるのだとか…

これも神経が死んでいる人と同様に、汚れやステインで変色しているわけではないので、パールホワイトでは効果がありません。

3.エナメル質が薄い人

歯の構造を見ると外側に白いエナメル質があり、その中に黄色い象牙質があります。

歯の構造

生まれつきエナメル質が薄い人がいて、そういう人は内側の象牙質の色が透けて見えてしまい、歯が黄ばんでいるように見えてしまうことがあります。
こういう人も同様に、パールホワイトプロでは効果がありません。

4.人工歯の人

差し歯などの人工歯の場合、劣化していることが原因で変色していることがあります。
このケースもパールホワイトでは効果がありません。

以上の4つのケースがパールホワイトを使っても効果がない歯の特徴です!
いずれかに当てはまる人は、使っても白くはなりませんので、別の手段でホワイトニングすることを検討してください。

使用期間が短い人は効果がでない

中には、↑で説明した4つのどれにも当てはまらないのに、「パールホワイトで効果がでなかった…」という人もいます。
そういう人たちの口コミをじっくり見てみると、使用期間が短いケースが多いです。
1日や1週間使っただけで、「効果がなかった…」と言っているケースがあるんですよね(^_^;)

パールホワイトは自宅でカンタンにホワイトニングできる商品ですが、そのかわりホワイトニングするのに時間がかかるのです。
私の効果写真を見てもらうと分かるように、1週間ではあまり効果がありません。
パールホワイトプロの口コミ【1ヶ月使ったビフォーアフター写真】

ちょっと考えてみたら、分かりそうなことですが、でも、実は公式サイトに原因があるのです!
公式サイトでは「1日で黒ずみが落ちた」「数回使っただけで歯医者と同じ効果」というふうに説明されていますから(^_^;)

確かに短期間で効果がでる人もいるかもしれませんが、それはマレなので、みんなにそんな効果があるとは期待しすぎないようにしましょうね。
パールホワイトプロでちゃんとホワイトニングするには、1ヶ月~3ヶ月くらいの期間は使うようにしましょう!

メニュー

口コミ情報

購入情報

パールホワイトプロの疑問

他商品と比較

歯のコラム

サイト情報