歯のホワイトニングの事に関心を持つようになってから、自分で色々と調べるようになりました!
色々と調べるうちに分かってきたのが、ホワイトニングをする上で欠かせないのが「研磨剤」の存在です。

研磨剤って何?

研磨剤とは歯磨き粉に入っている成分の1つで、全ての歯磨き粉に入っているわけではありません。
ステイン汚れを落とす力が強く、ホワイトニングをうたっている歯磨き粉によく配合されている成分です。

例えば花王が発売している「クリアクリーンホワイトニング」には、この研磨剤が入っています。
成分表示では「清掃剤」として表記されることが多く、
「無水ケイ酸」「水酸化アルミニウム」「リン酸水素カルシウム」「リン酸水素ナトリウム」「炭酸カルシウム」などが研磨剤にあたります。

研磨剤の問題点

さきほども言ったように、研磨剤は汚れを落とす力が強いです。
それは一見、良いことのように聞こえますよね!?
私も最初聞いたときは、「研磨剤が入っているやつを選ぼう!」と思っていたのですが、色々と調べているうちに、研磨剤には重要な問題点があることが分かりました!

それは、「洗浄力が強すぎる」ことです。
研磨剤は洗浄力が強すぎるあまり、歯の表面を傷つけてしまう危険性があるのです。

洗浄力が強いので使い始めた当初は確かに汚れが落ち、白くなっているように見えます。
しかし、しばらく使い続けると、歯の表面が傷つき、細かい傷の中にステインが入り込んで、余計に黄ばんで見えるようになります。
さらに使い続けると、歯が細くなって知覚過敏になってしまう危険性もあるのです。

過去に研磨剤を使っていた私

ここまで調べて、私は過去に自分の身に起きた出来事を思い出しました。
歯医者さんで虫歯の治療に行っていた時のことです。

歯の付け根の部分(歯と歯茎の間)が茶色く変色していたので、歯医者さんに「これは虫歯ですか?」と聞いたところ、
「ここは歯の磨きすぎで削れているんですよ。あまり磨きすぎないようにして下さい」と言われたのです。

「(虫歯の治療で来てるのに、磨きすぎってどういうこと??ハミガキが足りないから虫歯になったんじゃないの??)」と当時は全く意味が分かりませんでした。
しかし、その時、私が使っていた歯磨き粉が「クリアクリーンホワイトニング」なのです。

つまり、私の歯は研磨剤入りの歯磨き粉を使っていたために、歯の付け根の部分が茶色く変色してしまっていたのです。

まとめ:研磨剤入りの歯磨き粉はやめておこう

現在の私は研磨剤入りの歯磨き粉は絶対に使いません。
基本的にはパールホワイトで歯を磨いてますが、パールホワイトを切らしているときは、何も付けずにハミガキをしています。

あっ!
ちなみにパールホワイトプロは研磨剤が入っていません。

研磨剤フリー

(公式サイトから引用)

長い目で見て、歯をキレイにしたい場合は、研磨剤フリーの歯磨き粉を使うようにしましょう!

メニュー

口コミ情報

購入情報

パールホワイトプロの疑問

他商品と比較

歯のコラム

サイト情報